2003年2月アーカイブ

今月14・15・16日に、東京国際展示場ビッグサイト東館で行われた「インターナショナル キャンピング&RVショー 2003」に行ってきました。

今年は、2月3日に発表されたスバル「フォレスター」のL.L.Beanエディションを見に行くのが主な目的でした。これまでにアウトドア関連の会社が関わった車はいくつかあります。ヘリーハンセン(エスクード)や、コールマン(セレナ)、シエラデザインズ(ジムニー)等です。そして今回、アメリカを代表するアウトドア・メーカーのL.L.Bean(エル・エル・ビーン)バージョンの車が登場しました。

今、盛んにテレビCMが流れていますよね。
スバルのブースは入り口のすぐ右手に大きく陣取り、イベントも色々と行われていて、とても盛り上がっていました。

現車を見ましたが、L.L.Beanエディションとして「皮シート」と荷室の「撥水ハードマット」が特別装備になっています。当然、普通のフォレスターと較べると新車価格は高くなりますが、このような「限定車」は売却する時の価値も当然高くなりますので、少し頑張って「限定車」を購入するのが賢い選択ではないかと思います。

米ゼネラルモーターズ(GM)の4WD車「ハマーH2」も展示されていました。これは米軍に採用されているハマーを一般向けに改良した、究極の4輪駆動車です。「H1」は、あのシュワルッェネガーの依頼でハマーが軍用車を乗用目的に改良して作ったそうです。「H1」はデカイし高いし、それほど凄い走破性能は必要無い…というニーズに合わせて「H2」を作ったのでしょう。それでも充分大きいけれど…。日本では三井物産が輸入販売を行うそうです。

■インターナショナル キャンピング&RVショー
http://camp-rv.com/

「福岡」「幕張」に続いて、2002年9月に町田市の多摩境にオープンしたCostco(コストコ)に行ってきました。

コストコとは、倉庫型店舗販売を行っているアメリカ最大の会員制スーパーで、巨大な倉庫に山積みした商品を会員に格安で販売しています。本場アメリカでは「コゥスコ」と発音するそうで、2003年2月10日現在で世界中に412店舗(アメリカ「304店舗」、カナダ「61店舗」、メキシコ「21店舗」、イギリス「15店舗」、韓国「5店舗」、台湾「3店舗」、日本「3店舗」)もあり、会員カードはどこでも共通で使えるためか、多摩境のお店も外人さんが沢山来てました。そのため、レジの人など店員は皆さん帰国子女だとか。

まずは入り口付近で年会費4,200円を払って顔写真入りの会員カードを作ります。私は年会費3,500円の法人会員カード(一人追加無料で、二人目からは2,500円)を作りました。

そして、作ったばかりの会員カードを入り口で見せて店内に入ります。二人で押すのかと思うほど大きなカートを押しながら中に入って行くと、高い天井まで届きそうな棚に積まれた商品が目に入ってきます。アメリカ製の機能的な商品や冷凍食品、焼きたてのパンや座布団のような大きさのバースデー・ケーキが並んでいたりして、あるとあらゆる物があって見ているだけでも非常に楽しいショッピング広場です。

店内には音楽も流れていませんし、店内アナウンスもありません。平日は夜8時まで、土・日は夜6時までの営業で、6時10分位になるとこれもアナウンスも無く天井のライトが少しずつ消されていきます。

いくら大量に購入してもレジで買物袋はくれませんので、レジの廻りに転がってるダンボールをもらって、それに買った物を入れて持ち帰ることになります。Costcoのマークが入った巨大なトートバッグが150円位でレジで購入できますが、何か袋を用意して行った方が良いかもしれません。最後に、出口でレシートと買った物を照らし合わせてチェックされます。

レジを出た所にはファーストフード・コーナーがあり、大きなチーズピザ(280円)と貝がたっぷり入ったクラムチャウダー(330円)が美味しかったですよ。他には、ホットドッグ(250円)はLサイズのカップに入って出され、ウーロン茶やコーラを自分で自由についでOKなので飲み放題とお徳です。

それにしても、このような郊外型の巨大な倉庫型店舗販売は車社会だからこそ成り立つものですね。

日本の巨大スーパーでは見たことの無いサービスとして目についたのは、駐車場でのタイヤ販売&交換サービスです。買い物をしている間に新品のタイヤに交換してくれるという面白いサービスでした。

■Costco Japan
http://www.costco.co.jp/

1

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.25