2003年4月アーカイブ

このところ、業者専用の衛星TVオークション「オークネット」でどうしても見つからなかった車を他のライブ・オークションで見つけ、お客様の希望車輌を立て続けに3台落札しました。

現在、業者専用の中古車オークション会場は全国に幾つもありますが、出品するには郊外にあるオークション会場に現車を持ち込む必要があり、入札するにも会場に足を運ぶ必要があります。この不効率を、オークネットはTVオークションという方法で解消しました。現車がズラリと並ぶ「会場」が無くなったのです。

車をオークネットのオークションに出品する場合は、オークネットの査定員が現車を査定するために来店し、デジカメで撮った車輌画像と、事故の有無やキズの具合を書き込んだ査定情報を持ち帰ります。落札する方は、この情報のみで希望の車輌を探し、現車を見ることなく入札を行います。

この車輌情報は、当社のようにオークネットの専用端末「AucNeo」を持つ会社のパラボラ・アンテナに、衛星を利用して配信されています。これがオークネットの衛星TVオークションのシステムです。

そして今では、「会場」を持つライブ・オークション各社がこの画期的なオークネットのシステムと提携するようになり、全国の大手ライブ・オークションを会場に足を運ぶことなくオークネットの端末で検索&入札することが出来るようになりました。オークネットのオークションは毎週(土)(日)(月)に開催されていますが、今では毎日がオークションです。

お客様が探している車が個人売買で見つからない場合は、当社に設置しているオークネットの専用端末で探してオークションで落札購入しています。オークネットは本当に質の高い車が集まっていて、高価な車を探すのには良いのですが、「総額で20万円位の車」とか「人気の車種で出来るだけ安い車」というご要望にはなかなか応えることが出来ません。

そのような時に、ライブ・オークションを利用します。そして冒頭の3台を落札しました。

)数ヶ月以内に、「AucNeo」は衛星ではなくインターネットを利用した配信システムに移行するそうです。
この時期に中央自動車道を走ると、塩山辺りは桃の花がピンクの絨毯のように咲き乱れ、将に桃源郷です。木々は芽を膨らませ若葉を纏い、春の訪れを謳いあげているようです。

昨日、八ヶ岳の東の麓に位置する「清里」のお客様からご購入いただいた【ワゴンR / 4WD / 5ドア / オートマ】を、甲府市の山梨陸事で名義・ナンバー変更をしてお客様のところへ納車してきました。

このワゴンRは、当社に設置してある業者専用のオークション端末「オークネット」を使って、当社が代行落札したものです。島根県からの出品でしたが、オークネットだと専門の自動車査定会社によって現車を厳密に査定評価をしてあるので、評価点が4点以上の車でしたら現車を実際に見ることなく安心して買うことが出来ます。納車時は、お客様は初めて自分の車を目にし、「良い車だ」と喜んでいただいて私はホッとする瞬間です。

帰りは、私の好きなカラ松林と白樺の風景を左右に見ながら、小淵沢駅まで送っていただき、JR中央線を「あずさ」で八王子まで90分でした。
最近、私は日本地図と「にらめっこ」で北海道から沖縄までの●●市や▲▲郡を探し、県庁所在地からの距離がどれくらいかを調べています。

前回、Google等の検索エンジンで「陸送 代行」のキーワードで調べると当社のサイトがトップに表示されると書きましたが、そのせいか一日に3・4件(一番多かった日は10件以上)の陸送見積り依頼をいただいています。

ホームページに当社の電話番号が書いてあるので、直接「■■県から◆◆県までの陸送費はいくらですか?」とお電話をいただきますが、そう簡単には算出できません。車種や車輌状態(自走できない、またはローダウン等)によっても違いますし、お引取/お引渡の場所と各県の集荷場センターからの距離によっても違いが出てきます。そのような訳で、お送りいただいた情報を元に、地図を開いておおよそのキロ数を計って価格を出しています。

旅行が好きで学生時代に日本中を旅し、地図を眺めるのも好きだったので、大体の場所は判りますが、陸送の依頼を受けていると聞いた事の無い市町村の名前が沢山出てきて、あらためて地図を見ながら「日本は広いなぁ〜」と感じています。

今後もキチンとした対応で陸送代行のサービスをご提供させていただき、いつまでも大手の検索エンジンで上位に表示されるように改善して行きたいと思います。

今から約二年程前(2001年5月1日)の日誌で、インターネットの検索エンジンであるGoogle(グーグル)がYahoo!を抜いてNo.1になると思うので、Googleの検索結果で出来るだけ上位に表示されるように対策を講じるようにしたい…という話を書きました。

インターネットに繋がったパソコンが目の前にあれば、辞書はもとより辞典や地図、時刻表、番組表など様々な物が必要無くなり、何でもGoogleを使って情報を探し出すことが出来るので本当に便利です。

当社のサイトにアクセスしていただいた履歴を調べてみると、Googleで見つけて来ていただいた方がダントツに多く、次いでYahoo!BIGLOBE(NEC)、MSN(マイクロソフト)、goo(NTT)という順でした。皆さんは、検索の際にどれを良く利用されているのでしょうか?

ちなみに、当社のホームページをGoogleを使って下記のキーワードで検索してみると
「中古車 売買」・・・1ページ目の7番目
「事故車 買取」・・・1ページ目の3番目
「陸送 代行」・・・・・1ページ目のトップ
「JAF 申込」・・・・・1ページ目のトップ
となっています。この順位は4月9日現在のもので、順位は常に入れ替わっています。

個人売買サポートのオプションとして始めた「陸送代行」や「事故車買取」のサービスに、このようにGoogleの検索で上位に来るようになって全国から毎日3〜5件のお申し込みをいただき結構忙しい業務になっています。

このキーワードで、例えば「買取」を「買取り」または「買い取り」として検索をしてみると、全然結果が変わります。同様に、「申込」を「申し込み」としても変わります。このような点も考えて検索エンジンの"対策"を講じる必要があるなぁーと思っています。

そして現在、アメリカではYahoo!がGoogleに奪われた検索エンジンNo.1の地位を取り戻すために、新しい独自の検索エンジンの提供を開始しました。これはいずれ日本版も始まると思います。また、マイクロソフトも新しい検索エンジンを本気で開発するようです。検索エンジン対策は、今後ますます重要になって行きそうですね。

■Google (グーグル)
http://www.google.co.jp/

■Yahoo!
http://www.yahoo.co.jp/

■BIGLOBE
http://www.biglobe.ne.jp/

■MSN
http://www.msn.co.jp/

■goo
http://www.goo.ne.jp/

ミルコ・クロコップの応援団と仕事とまったく関係ないのですが、3月30日に行われた「K-1 WORLD GP 2003 inさいたま」の招待券をお客様から急にいただいたので、急遽、さいたま新都心にあるさいたまスーパーアリーナまで、話題のボブ・サップを観に行ってきました。

さいたま新都心という街があるのは知っていましたが、さいたまスーパーアリーナの他に、高層ビルがニョキニョキ建っていて、関東甲信越地方を所管する国の18の行政機関が集中している近代的な官庁街になっているんですね。

リングをバックにボブ・サップ登場!サップ対ミルコ

いただいた2万円の席は全体のちょうど真中辺りの列で、リング上の選手の動きが良くわかりませんでしたが、会場全体を見回せる良い場所でした。会場の一番上の方では、選手がいるな…という程度にしか判らないのでしょうが、その席ですら1万円もするのですからK-1の人気は凄いものだと思います。

お目当てのボブ・サップ対ミルコ・クロコップの試合は、1分20秒に強烈なミルコの一撃でボブ・サップが倒されてしまいました。遠目で「アレッ?どうなっちゃったんだ?」という素早い一撃でしたが、倒れた瞬間、観客は総立ちで会場が割れんばかりにどよめいていました。

久し振りに、レーザー光線と炎と音のビッグショーを堪能することができました。

■K-1 オフィシャル ウェブサイト
http://www.k-1.co.jp/

■さいたま新都心ネット
http://www.saitama-shintoshin.net/

1

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.25