2003年8月アーカイブ

先日、今までずっとフォルクス・ワーゲン(VW)のゴルフを乗っていらっしゃった方に、当社が売りに出していた同じタイプのゴルフをご購入いただきました。

今まで乗っていたゴルフはもう12万kmも走っているし、エアコンも効かなくなったし、ブレーキを踏むとギーギー鳴るし、車検も近づいてきた……ということで、慣れ親しんだ同じタイプのゴルフで安くて程度の良い物が何処かに無いかと探していたところ、当社のホームページに辿り着かれたそうです。

右上の画像は、お客様がご来店いただいた際に、今まで乗っていたゴルフ(左側)から新しく購入したゴルフ(右側)に荷物を移されている時のものです。

VWゴルフが大好きで、特徴なども良く知っていらっしゃる方に乗ってもらえるということで、これから廃車となる左側のゴルフと較べると、右側のゴルフは何だか喜んでいるようにも見えます。

台風一過!
今週は、多くの方が楽しい夏休みを過ごされることでしょう。

私は毎朝、事務所に出勤すると、まずは電灯や各種機器の電源を入れ、そしてトイレ、シンク、机の上、床、そしてエントランスの掃き&拭き掃除をします。

先日(8/9)も、この作業をしながらパソコンを立ち上げ、「そうだ、ホームページのアクセス・カウンターが、もう6万件を超えただろう…」と思って開いてみると、カウンターには丁度「60000」の数字が…。なんと60000のキリ番号を自分でゲットしてしまいました。

自分で引いてしまいちょっとガッカリしましたが、ご訪問いただいた皆様に「有難うございました」と心から感謝すると共に、「60000」が表示されたトップページを感慨に耽りながらプリントしておきました。

このところ、一日のクリック数が少なめになってきています。ホームページを立ち上げた3年前に較べて色々と進化させてきたつもりですが、そろそろ大幅に作り直そうと準備をしています。

先日、パジェロをご購入いただいたお客様から、お車を引取りにいらっしゃる前に「ナンバーを切って、廃車にしておいていただけますか?」とのご依頼を受けました。

「まだ車検が3ヶ月位残っているので勿体無いなぁ…。もしかして…。」と思っていたら、やはり、「このパジェロは、フィリピンに輸出させていただきます。」とのことでした。

1ヶ月位前には、夫婦で日本の中古車輸出業をやっているという外人サンが、車検切れのコロナを「私の故郷のスリランカに送ります。」と、たどたどしい日本語で買って行かれました。

業者のオークションで、海外での人気車輌を日本の相場よりも高い額でどんどん落札して、その落札した車輌を一度も見ずに海外に次々と輸出している会社もあります。また、当社が取引をしている事故車買取専門店の株式会社タウは、買取った事故車の90%以上は海外に輸出しているそうです。しかも、その多くは車体を裁断して、コンテナにギッシリ詰め込んで送り、現地できちんと走る車に仕上げて販売しているとのことです。

こうして日本の中古車は、色々な形でどんどんと海外へ運び出されています。

海外での日本の中古車に需要は年々高まってるのか、当社にも海外からの問い合わせが結構来ています。先月は、東南アジアとオーストラリアの業者からメールが、そしてU.K.(イギリス)からは「JETRO(ジェトロ)から紹介されたのだけれど、トヨタの●●●と▲▲▲、◆◆◆、e.t.c …は持っているか?事故車で良いから、あったら売って欲しい。それと、御社のFOB価格表をFAXして欲しい。」と直接電話が掛かってきました。
1

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.25