2003年10月アーカイブ

今月に入り、中古車の長期保証サービスを始めました。

普通、中古車販売店では車に保証を付けて売っていますが、個人売買で購入する場合は保証が付いていません。当然その分、車を安く購入することが出来るわけですが、当社の個人売買仲介サービスでお車をご購入いただく際に「保証は付いていないんですよね?」と再確認される方が何人かいらっしゃいました。

『保証』を付けて販売するのは簡単ですが、それでは一般の中古車販売店と同じになってしまいます。しかし、保証を付けたいというお客様のニーズもあります…。

そこで、お客様がご購入されたお車に1年または2年間の長期保証を付けることが出来る「中古車保証」というオプション・サービスをご用意しました。

オプション・サービスにすることによって、「保証はいいや」というお客様にはこれまで通りお車を安くご購入いただけますし、「保証があったらな…」と躊躇されていた方はこの長期保証を購入して、安心して乗っていただくことが可能です。

わずかな保証金で車の修理はもちろん、故障時のレッカーサービスを2年間受けられます。また、全国2000店以上の優良な整備工場がサポート致します。だから、旅行先での急なトラブルも、もう安心です。

すでに乗っていらっしゃるお車でもOKですよ!


■ 中古車保証サービス
http://www.car-entrance.co.jp/warranty.html
今月1日から、東京都ではディーゼル車の規制が始まり、7年以上使用したディーゼルのトラックやバンは走行することができなくなりました。

多くのトラックが走る環七通りの上空には、晴天の日でも帯状の排ガス雲ができたり、幹線道路に面した店先の商品は、排ガスですぐ薄汚れてしまうそうです。確かに石原都知事が言うように、これを我々が毎日吸っているのだと思うと恐ろしくなります。

この規制のお陰で、トラック・メーカーや特装メーカーは大繁盛で、新車の注文を受けても納車までには3〜4ヶ月もかかってしまうようです。

当社でも、これまで使用していたディーゼル車が使えなくなるということで新車の注文をいただいたり、今までのトラックを処分してくれと言うお話が数件ありました。

そんな東京都で使用できなくなった車は、すべて解体廃棄されるのかと言うとそうではなく、国内の規制区域外ではこれまで通り使用できるし、海外では高く売れるようで、インターネットや業者オークション上でもかなりの台数が動いています。

結局、東京からは姿を消す訳ですが、日本のどこかで、または世界のどこかで規制値をパスしていないディーゼル車が排気ガスを撒き散らして走り回るということになりそうです。

■ディーゼル車規制総合情報サイト
http://www2.kankyo.metro.tokyo.jp/jidousya/diesel/
1

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.25