2004年3月アーカイブ

4月1日から、消費税込みの価格表示を義務付ける「総額表示方式」が導入されるのを前に、当社ホームページ上の価格部分をすべて内税表示に切り替えました。

最近は、外食や買物をしたりすると、「あれ!まだ外税のままだ…」とか「このお店は、もう対応しているな」と気になります。

4月1日からは、すべて内税表示にしなければならないということになっていますが、3月30日現在では、「対応済み」と「未対応」の比率は半々のようです。

ランチ900円を945円とは書きにくいので、どうするか…。
繰り上げて950円とするのか、切り捨てて940円にするのか…。
いっそ1000円のランチにするか…。

この様に頭をひねりつつも、単なる"義務"で罰則規定が無い為、他所の出方を伺う所が多いのかもしれません。いずれにしても、今回の総額表示の義務化により、暫くは小さなトラブルが起こるのでしょう。

当社の場合は、注文書上で定価と消費税を分けて書き込まなければならないので、表示価格を切りの良い数字にすると税抜価格がかえって判りにくくなる(例:表示価格9500円の税抜だと9047.61円)ので、表示価格は細かい数字になってしまいました。

いずれにしても、今回の消費税法の改正は、消費税率を引き上げる為の布石です。小泉首相は消費税率の維持を公約しているので、次期政権で消費税率アップが行われるのは間違いありません。

当社がサポートする個人売買では、消費税が掛からない分お得ですよ!というのが売りなので、この辺りの動きには大変興味があります。


■国税庁ホームページ
http://www.nta.go.jp/

■財務省ホームページ
http://www.mof.go.jp/

桜の開花宣言が始まると、卒業式や合格発表、そしてサラリーマンの方は転勤命令によって東から西へ、西から東へと引越しの季節になります。

当社の自動車保険担当者も、「3月いっぱいで退社して、浜松の方に帰ります」と挨拶に来ました。

そんな人の移動と共に、愛車も移動させなくてはならない訳ですが、大体500km以内の範囲であれば、多少の引越し荷物を積んで自分で運転をして持って行かれるようです。500kmを超えると、経済性や時間を考えて、陸送会社に依頼されるようです。

オークションや個人間での売買に加え、転勤引越しでの移動が入り乱れ、3月27日(土)から4月5日(日)が年間を通じて陸送件数がピークになります。

車の陸送は、それぞれのお客様の大切なお車を異なる事情によって移動させることなので、きちんとした手続きの流れを慎重にやらせていただいてます。

 

■ 陸送代行サービス
http://www.car-entrance.co.jp/rikusou.html

近所の方が、15年式の「アコード・ユーロRを売って欲しい」と持ってこられました。
この車は、アコードでも6速マニュアルで2000ccだけど220馬力というスペックの走りを重視した車です。出て間も無いので、中古車市場には、まだあまり出てきていません。

もちろんワンオーナーで、走行は7,000km。後部座席などは、まだ新車時のビニールが被さったままです。外装は左リア角にスリ傷が少しあるくらいで、それ以外は得に目立つキズや凹みも無く、ピカピカです。

主に奥様が乗られているのだけれど、6速マニュアルは扱いきれないので手放したい…とのことでした。そこで相場を調べて見ると、小売では230万円位、業者のオークションでも200万円は超えるので、オークションに出品することになりました。

出品する際には、オークション主催会社が運営している査定専門会社AISからプロの査定員がやって来て、第三者として出品車輌をじっくりと査定し、評価付けをします。

査定当日、状態の良い車だから評価点も良いだろう…と思っていたら、査定員に「事故歴がある車ですね!」と言われ、持ち主の方からは「車庫で少し擦った位で、事故はしていない」と聞いていたのでビックリしました。

なるほど、査定員が指摘する部分を良く見てみると、確かに修復した跡などが判ります。

全く見事な査定です。
まぁ、ここの業者オークションに出品されている車なら、安心して買えるよ…と思いました。

偶然にも、「アコード・ユーロRを探して欲しい」というお客様がいて、試乗していただき、オークションの査定結果をご説明した上でご購入いただくことになりました。

自分の車を売る場合、悪い点はあまり知られたくない物です。なるべく高く売れるように、事故歴などは「気付かれなければ儲けモノ」と自己申告をされないケースも多々あります。

あぶない、あぶない。


■アコード・ユーロR
http://www.honda.co.jp/ACCORDEURO-R/

■株式会社オートモビル・インスペクション・システム(略称:AIS)
http://www.aucnet.co.jp/ais/

当社の裏手に、「パーク24」が運営する時間貸し駐車場「タイムズ」がオープンしました。

自動車関連の仕事をしていると、事務所のすぐ前に4・5台停められる駐車場が欲しくなります。

しかし、当社の前には軽自動車がやっと一台停められるようなスペースしかありません。

そのため、すぐ裏手や近くの月極駐車場を5台分借りていますが、なにぶん駅に近いので高額です…。

真裏の駐車場は全部で20台のスペースがあり、南北に出入り口があって非常に便利でした。それが3月1日から始まった4日間の工事で、南側の出入り口と3台分の駐車スペースをつぶし、4台分の時間貸し駐車場に造り変えられました。

出入り口が一つになってしまいましたが、低料金(30分100円。よる10時〜朝6時の間は1時間100円。)で、いざと言う時に利用できるので、これも便利かなぁ〜と思います。

1台分のスペースが一日中利用された場合は4,000円、1ヶ月(30日)で120,000円。4台分が常に満車の場合、1ヶ月で480,000円。今日は2台がかなり長く駐車していたから……と、ついつい計算をしてしまいます。(^_^)

急成長を遂げた時間貸し駐車場のパイオニア「パーク24」については、小学館文庫の「カリスマ社長の目のつけどころ」に詳しく書かれています。

「老舗のタイムズをはじめ、街中の空き地がどんどん無人の時間貸し駐車場になっていっている…。一体どういうことなんだ?」と思った方には一読をお薦めします!

 

■ パーク24株式会社
http://www.park24.co.jp/


■ タイムズ
http://www.times-info.net/

1

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.25