2004年7月アーカイブ

6月11日の日誌に取り上げた「自動車リサイクル法」のリサイクル料が、「乗用車は7000円〜1万8000円」と新聞やニュースで報道され、各ディーラーも新車価格に上乗せする料金を車種ごとに発表を始めました。

自動車リサイクル法は来年の1月1日から施行され、廃車の際にリサイクル料がキチンと支払われているかを国の認可を受けた自動車引取業者がオンラインで照会してから車を引取ります。払っていない場合は、その場で専用の用紙を使って払込み用紙を作成します。

この他、日本の大手損保11社で共同開発している自動車損害賠償責任保険(自賠責保険)の共通オンライン・システム「e-JiBAi (イー・ジバイ)」が10月から運用開始となり、自賠責の手続きもインターネットを介して行うことになります。

もう、インターネットを使いこなせない自動車屋は、やっていけない時代になります。


■(財)自動車リサイクル法促進センター
http://www.jarc.or.jp/

先日、損保ジャパンの副社長である村瀬清司氏が、民間から初めての社会保険庁長官に内定したというニュースが流れました。

社会保険庁と言えば今話題の国民年金を運営実施している機関で、誰もが長官になりたがらない状況の中、今回の登用となったようです。小泉首相は、「必要な人材は民間から何人とってもいい。思い切ってやってほしい」と伝えたそうで、抜本的な変革を期待したいですね。

さて、損保ジャパンと言えば、当社は代理店としてニーズ細分方自動車保険「ONE-do」を扱っておりますが、今月から新しい上がると下がる終身医療保険「Dr.ジャパン」の販売を開始しました。

「三大疾病(がん、急性心筋梗塞、脳卒中)になったら、以後の保険料は不要です!」と言う医療保険です。

で、何が上がると下がるのかと言うと、市場金利が上がった時に、保険料が下がります。

このシステムが業界初なんですね。

そうそう、7月3日から自動車保険の「ONE-do」に引き続き「上戸 彩」さんのパンダ姿のテレビCMが流れています。


■ 損保ジャパン
http://www.sompo-japan.co.jp/

1

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.25