2005年3月アーカイブ

4月9日(土)に、トヨタの系列会社である株式会社トヨタユーゼックが運営する業者専用TAAオークション会場が横浜の南本牧にオープンします。

そして先日、このオークション会場の内覧会に行ってきました。

新会場は4階から成り、1階が受付、2・3階にはセリ会場と喫煙コーナー(マッサージ・チェアーも置いてあります!)、そして4階にはレストラン・喫茶・軽食・ドリンクカウンターと、すぐ目の前に広がる海を見渡せる展望デッキがあります。

セリ会場には全席(900席)卓上モニター付きの2ポス(入札のボタン)2レーン(同時に2台づつセリが行われます)が配置され、建物の外には3500台以上の出品車両を置ける出品ヤードがあります。

業者はお客様から買取ったお車を、この様な業者専用のオークション会場に出品するために持ち込みます。

持ち込まれた車は、検査棟にて流れ作業で写真を撮り、次に査定員による入念な査定が行われ、その情報を基に、この会場や当社に設置している専用端末(会場と同じデータが衛星でライブ配信されて来ます)を使って入札を行います。

業者オークションの会場は全国に沢山ありますが、中にはこの査定がいい加減なところもあります。ネット上で業者同士が情報交換している掲示板を参考にしたり、業者仲間からの情報を参考に、評価が甘い会場からは買わないように気をつける必要があります。

2階のセリ会場   3階のセリ会場
2階のセリ会場   3階のセリ会場
ここで車両の撮影を行います   撮影の後は、入念な査定
ここで車両の撮影を行います   撮影の後は、入念な査定
4階の喫茶・軽食スペース   展望デッキ
4階の喫茶・軽食スペース   展望デッキ


■ 株式会社トヨタユーゼック
http://www.toyota-usec.co.jp/
さすが3月の年度末。
車両陸送の方が、大忙しです。

当社では、車の個人売買での陸送や引越しの際に新転地への陸送を、少しでも安くできるようにお手伝いさせていただいてます。特に当社まで持ち込んでいただいた場合や、当社と引取りの場所にしていただいた場合は、非常に安くなります。

インターネットを利用しての個人売買が定着してきたようで、かなりの台数が動いているようです。

ネット上の情報を頼りに購入するのですが、遠方の場合は引取りに行く時間等のコストが掛かってしまいます。そこで「陸送」というキーワードで検索をして当社のホームページを見つけ、見積りの依頼をされるとのことです。

車体には保険を掛けて陸送をしますが、車内の物は保証されないので出来れば何も置かないで下さいとお願いしていますが、引越しなどでは何か荷物が載っていても仕方が無い場合があります。

これまで車内の物が紛失したというトラブルは一件もありませんでしたが、先日「BMW318i」を当社から広島までの陸送依頼で、お届け先の方から「スピードセンサーが無くなっています」とお電話がありました。

最終的には、陸送を担当した広島の支店長さんが、2万円位する新品のスピードセンサーを用意して(※規定では、車載品の破損・紛失は免責です)ご自宅までお届けし、依頼主様からは大変ご丁寧なメールをいただきました。

お彼岸の連休最終日、暖かな好天の中、久し振りに納車に行ってきました。

埼玉県越生(おごせ)市の梅林に近いゴルフ場までの納車で、ちょうど梅祭りをやっているのと、納車する車が11年式のプジョー306カブリオレでちょっと乗ってみたいなぁということもあり、通常は陸送屋さんにお願いするところを自分で運転して行きました。

この時期はスギ花粉が飛んでいる量が物凄く、折角のカブリオレもオープンどころか窓を開けることすら出来ませんでしたが、プジョー306の走りは思っていたより良く、快適なドライブでした。

途中、あきる野市にあるサマーランド近くを通過すると、近代的な高架ジャンクションのたもとで、ちょうど圏央道の「あきる野IC〜日の出IC」間の開通式が行われていました。

お車をお届けしたゴルフ場は満員のご様子で、お引渡しも早々にクラブを後にして、八高線の越生駅まで歩いて帰りました。

「すぐそこですよ!10分位かな。」
という言葉を頼りに、結局45分位歩きました。

陸送屋さんも、納車の後はこんな感じで思わぬ距離を歩いて近隣の駅まで歩いて帰ることが多いのだろうな・・・と思いました。

満開の梅花の甘い香りも、半分は花粉症の鼻で消されてしまい、久し振りに長距離を歩いたからか今日は足がパンパンでサロンパスを貼って仕事をしています。


■サマーランド
http://www.summerland.co.jp/

通常、車を個人売買で引渡す場合、「現状」と言って掃除をすることもなく引渡しているケースが殆んどです。

しかし当社の個人売買サービスでは、車内を隅々まで掃除してからお引渡ししています。
その掃除で、創業時より活躍していた掃除機がついに壊れ(モーターの寿命?)、先日新調しました。

車内を掃除する場合は、洗車場にあるコイン式の掃除機を利用される方が多いと思いますが、あれは音の割りに全然吸い込みませんし、制限時間に追われてじっくりと隅々まで綺麗にするのは大変です。

それよりは、家庭にある掃除機の方が吸引力も強く、小回りが利くのでお薦めです。問題は家の電源から車まで掃除機のコードが届かない点ですが、これは延長コードを使えばOKです。

ヘッド部分を手元から外し、一番短い状態に付属の吸口をつけて準備完了。あとはトランクルーム→後部座席→助手席→運転席と、ひたすら塵や埃を見つけて吸い込んでいくだけです。生地に絡まって吸い取れないゴミは、少し強く押し当てながら左右に擦るのがコツで、浮き上がってきて取れるようになります。それでも取れないほど深く絡まってる場合は、楊枝か何かで突付くか掻き揚げるとまず取れます。

掃除機の作業が一通り終わったら、ついでに車内の拭き掃除もやってしまいましょう!
手軽に綺麗にするには、カー用品店などで売っているウェットシートが便利です。
お薦めはプレステージの車用クロスですね。

これで見違えるほど綺麗になりますよ。


■株式会社プレステージ
http://www.web-prestige.com/
1

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.25