2005年8月アーカイブ

「いつかはクラウン」という名キャッチコピーの基、一時は月間ベストセラー・カーにもなったトヨタのクラウン。

今回納車したのは、「クラウン ロイヤルサルーン3000」。メーカー・オプションで車体色をホワイトパールにし、DVDナビとETCを付けました。

同じ時期に、中古で13年式の「クラウン アスリートV」を納車しました。こちらは走行距離が15,000kmで新品同様に綺麗で、ご購入いただいたお客様にも大変喜んでいただきました。

二つの車両を並べてエンジンルームを見てみましたが、やはり4年経つと細かい部分が随分改良されています。

現行のクラウンは、エンジン全体にプラスチックのカバーが付いていて、エンジンを直接見ることも出来ず、エンジンオイルとLLC、そしてウィンドウ・ウォッシャー液の量くらいしか見るな触るな、という感じです。

---------------------------------------------------------------------
今月31日から、トヨタの新ブランド「レクサス」が始まり、いくつかの車名が変更されます。

    「アリスト」 → 「GS」
 「アルテッツァ」 → 「I S」
     「ソアラ」 → 「SC」

米レクサスのサイトを見ると、今後、「セルシオ」は「LS」という名前になるようです。

■LEXUS.jp
http://lexus.jp/

■Lexus.com Official USA Site
http://www.lexus.com/
---------------------------------------------------------------------

昔からの車名がどんどん変わっていく中で、「クラウン」はいつまでも残しておいて欲しいですね。
1

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.25