2007年11月アーカイブ

ヘリコプターに初めて乗りました。

つくば航空株式会社に勤務している高校時代の友人から、「来春には定年退職するので、一度ヘリコプターに乗りに来ないか?」というお誘いがあり、つくば市まで出かけてきました。

秋葉原から快速つくばエキスプレスで35分、近代的な「つくば市」に到着。

11月10日(土)の関東地方は、朝からあいにくの雨模様。

目指すヘリポートは畑のど真ん中にあり、倉庫の中には7機のヘリコプターが格納されています。

それを見学させてもらいながら「この雨では飛び立てないから、またの機会に…」などと話しているうちに雨がピタリとやみ、「よし、飛ばしてみましょう!」ということになりました。

二人乗りの小型ヘリ(一ヶ月前に大阪で墜落事故を起こしたものと同型機)を倉庫から引き出して、搭乗の準備。

操縦士の友人の隣に乗り込み、ヘッドフォン(足先でボタンを押すと会話が可能)をガッチリ着けると、たちまち飛び上がりました。

「高度200m…、400m…、600m…、今、速度は150km位です。あれが筑波大学。あっちが先ほど着いた駅ですよ。」と話をしているうちに「ハイ!ヘリポートの上に戻って来ました」と、遊覧飛行は程なく終了。

すぐ脇の扉は鉄板一枚で、前面は全部ガラスだし、操縦士は細長い一本の鉄パイプのような操縦桿を操っていて不安な感じなのですが、まさに鳥になったような気分を味わえました。


■ つくば航空株式会
http://www.tkb.co.jp/

ガソリンが高騰し、車の燃費が気になる今日この頃。

現在、車のカタログには燃料消費率(km/L)を10・15モードという燃費基準で表示されていますが、2011年度までにJC08モードという基準に切り替わります。

10・15モードはエンジンが暖まった状態および速度変化が少ない状況で計測を行っていて、JC08モードは冷えた状態からスタートして細かい速度変化があるという日常の走行に近い状態での計測になります。

つまり、燃費基準の変更により、燃費表示の数値が落ちることになります。

このところ10・15モードで18.8km/Lと喧伝している新型ワゴンR RR-Sリミテッドにずっと乗っていて、燃費を計測してみたところ、なんと10km/Lでした。

チーム・マイナス6%が提唱する「ふんわりアクセルeスタート」を徹底してみてもこの結果です。

八王子は坂が多いけど、それにしても約半分とは・・・。
やはり10・15モードは、燃費目安のデータとして実用性に欠けますね。

それにしてもJC08モード表示になると、最近「売れない売れない」と言う声が聞こえてくる新車業界が更に嘆息することになるのでしょうか。でもプリウスのようなハイブリッド車などには有利でしょうから、そちらへの買い換え需要を喚起するには良い話のネタになるのかな。


■ ふんわりアクセルeスタート
http://www.team-6.jp/ecodrive/
当社のトータル・サービスの一つである「廃車・解体」は、沢山の方にご利用いただいています。

車の解体を自動車業者に頼むと「処理代」として2〜3万円を請求するところが多いですが、現在は鉄スクラップの需要が高いため、当社では無料での解体サービスをご提供させていただいております。

そして更に多くの方にご利用いただけるよう、解体車両をお持込みいただいた場合に5,000円を差し上げますキャンペーンを開始しました。

きっと、カー・エントランスに車を持っていけば、車の解体・廃車って結構カンタンでお金もそんなに掛からないんだと思っていただけると思います。

是非お気軽にご利用ください。


■ 廃車・解体サービス
http://www.car-entrance.co.jp/recycle.html
1

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.25