2008年10月アーカイブ

「Googleマップ」でドライブルートを検索できるようになりました。



■ Googleマップ
http://maps.google.co.jp/

ストリートビュー機能で交差点の風景を見ることが出来たりと大変便利です。


このストリートビュー機能については、マスコミなどの報道により広く知られるようになり、昨夜はNHKの番組内でも取り上げられていましたが、そのあり方について賛否が起こっています。

東京の町田市議会はストリートビューに対して規制を掛けるよう日本の政府に意見書(PDF)を提出しています。

個人的には、別に今の状態をライブで写されているわけではないから"プライバシー"が侵害されるなどとナーバスになる必要はないと思うし、犯罪者がこれを効果的に活用できると考えているようには思えません。

車のナンバーが写っている!と憤る方もいるようですが、現在はナンバーの他に車体番号(通常、外からは見えません)が判らないと、持ち主の住所や氏名などの個人情報を取ることは出来ません。

国道だけでなく網の目のような小道や行き止まりの路地まで撮って載せているGoogleの徹底振りには感嘆を超えて脅威すら感じますが、日本国内だけでなく、以前行ったことがある、またはこれから行くかもしれない、それとも生涯行くことがないであろう世界(アメリカやオーストラリア、ヨーロッパ)の主要都市もストリートビューで見ることができるのですから、これは賢く楽しく利用すべき無料サービスなのだと思います。

CLS350

メルセデス・ベンツ「CLS350」の黒で、左ハンドル・ディーラー車を業者オークションで探してもらいたいというご依頼を受けて、納車をさせていただきました。

当初は「CL500」をご希望されていたのですが、なかなかご希望に適うお車が出品されず、途中でグレードを上げて「CLS350」を探すことになりました。

走行距離や程度なども含め条件が揃った車両が出てくるまで少し時間が掛かりましたが、無事、綺麗な一台を落札することができました。

ナンバーは一桁の希望ナンバーにしたいというご要望。
そこで今回は、インターネット上で申込み手続きを行いました。
「1」や「7」などの抽選が必要な番号ではなかったので、すんなり完了。

■ 希望番号申込サービス
https://www.kibou-number.jp/

後日、名義変更&ナンバー変更のためにCL350に乗って片道約1時間半かけて平塚市にある湘南自動車検査登録事務所まで行き(お客様のエリアは「湘南ナンバー」なので)、書類手続きを済ませ、希望した番号で作成されたナンバープレートを取り付けてました。

10月25日は、大安吉日の納車でした。

MAKE CARS GREEN

ロードサービスでおなじみのJAFのニュースから、2つピックアップしました。


一つは、無料の牽引(レッカー移動、搬送)距離の拡大についてです。
車が事故や故障で止まってしまいJAFに牽引を依頼した場合、JAF会員ですとレッカーの距離が無料の範囲は5kmまででしたが、会員様の多くの声に応えて、12月1日から15kmまで無料になるそうです。

なんと40年振りの改定だとか。


もう一つは、プレゼントキャンペーンのお知らせです。
JAFは世界各地で実施されている「MAKE CARS GREEN」に参加しています。

■ MAKE CARS GREEN
http://www.makecarsgreen.com/

これは自動車による環境へのインパクトを減らすのが目的の環境保全運動で、エコドライブをする上での10個のポイント(10 points for greener motoring)が挙げています。

  • 環境にやさしいクルマ、タイヤの購入を心がけましょう
  • 計画的にドライブしましょう
  • タイヤの空気圧をチェックしましょう
  • 不要な荷物を降ろしましょう
  • 暖気運転は適切におこないましょう
  • カーエアコンの設定はこまめに調節しましょう
  • ふんわりアクセルを心がけましょう
  • エンジンブレーキを積極的に使いましょう
  • 不要なアイドリングはやめましょう
  • 環境に良い活動でCO2を削減しましょう
そして現在、JAFのサイト上で「MAKE CARS GREEN」のグッズが当たるクイズ&プレゼントを実施中(11/3締切)です。JAF会員限定のイベントですので、会員の方はぜひクイズに挑戦してみてください!

■JAF 「MAKE CARS GREEN」 クイズ&プレゼント応募ページ
https://www.jaf.or.jp/enquete/auto/200810makecarsgreen.html
日本全国で業者専用の中古車オークションが毎日のように開催されています。

その中でもオークネットが主催するオークションは出品基準やクルマのチェックが厳しいので、程度の良い車両が集まってきていました。

オークネットで評価点が4点で出品されていた車を落札した業者が、他所のオークション会場に持って行って出品したら4.5点が付くというようなことがよく見受けられました。

落札する側としては、オークネットだと安心して入札できるのですが、出品者としては厳しいオークネットを避けて、他のオークション会場へ出品したくなるのは当然です。

そんな状況が一因なのか、このところずっとオークネットの出品台数が減ってきていました。

これまで独自の出品&車両評価基準で孤高に頑張っていたオークネットは、ここに来てその基準を他のオークション会場のものに合わせることになりました。それをリニューアルと呼んでいますが、改悪だと思います。

詳しい内容を書くと説明が長くなってしまうので割愛しますが、要は検査基準がユルクなり、出品者側に有利な(あまりフェアではない)セリ方法が導入されます。

業者オークションの中でもオークネットは、現車を見ずに良い車を一番安心して買えるなと思っていたのですが、このリニューアルによりそれが崩れてしまうのではないかと危惧します。

オークネットにとっては、出品&成約率は上がって良いのでしょうけれど。
1971年式のランドローバー「シリーズ3 ライトウェイト」 がやって来ました。

このお車は、イギリス陸軍の要請により軽量化が図られた軍用車だそうです。 アルミ製なのか、ドアがとても軽いです。

内装は質実剛健、無駄な意匠や装飾はありません。

これから積載車に載せて、遠方まで陸送をさせていただきます。
1

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.25