トヨタ東京デザイン研究所でお花見

2008年8月18日の日記で書いた八王子市にあるトヨタの東京デザイン研究所が、4月3日(午前10時から午後4時まで)にお花見で一般開放されていたので、足を運んでみました。

守衛さんがいる入り口を車で通り抜けると、建物まで見事な桜並木が続いています。

そして駐車場に車を停めて建物に入ると、すぐ正面に、ここでデザインされた一人乗り用の「i-unit」と「i-REAL」が置かれていました。


ずっと昔にこの研究所のすぐ裏手に住んでいたことがあるので、本当にこんな所でこんな物が作られてたんだ…とちょっと不思議な感じがしました。

建物の奥に歩いていくとシアターがあり、トヨタに関する20分くらいの映像を上映していました。 上映終了後、3つの巨大スクリーンになっていた壁が右手にスライドして収納され、ガラスの向こうに中庭が現れます。そして、そこには灰色の二つのサークルが描かれていました。


大きな地図で見る


私が見たのは、この右側の二つです。
隣の建物にもう二つあるんですね!!

きっと研究所で作った車両をトヨタの上層部などに見せるのに、まずは巨大スクリーンでプレゼンをして、次に壁をガーッと開けると目の前に実車が自然光の下に現れる…という感じで使用しているのでしょうね。

残念ながら、この場所は撮影禁止でした。


建物の外にはベンチや空き地があって、
レジャーシートを敷いてお花見をしている方達もいました。

普段は立入禁止になっている場所でのお花見は、
特別な感じがあって良かったです。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.25