新車に関するブログ記事

ジープの走破性能を無料で体験できるイベント「ジープ・エクスペリエンス・キャラバン」が今年も開催されていて、今週末(6月19・20日)に横浜の赤レンガ倉庫にやって来ます。

■ Jeep EXPERIENCE Caravan 2010
http://www.cjd.jp/jpex10/

プロが運転するジープに同乗して、38度に傾いたバンクを通過したりする体験ができるそうです。

ジープ「ラングラー」の最上級グレードには「ルビコン(RUBICON)」の名が冠されて言いますが、これはアメリカのカリフォルニア州にある世界で最も有名なオフロード「ルビコン・トレイル(The Rubicon Trail)」から取ったそうです。

アメリカでは、全米各地のオフロードをJeepの車両で走破するツアーがJeepにより主催されていて、参加することが可能です。

■ Jeep Jamboree USA(ジープ・ジャンボリー USA)
https://www.jeepjamboreeusa.com/

■ ルビコン・トレイルの地図(PDF)
http://www.co.el-dorado.ca.us/Rubicon/pdf/RubiconTrailMap.pdf


大きな地図で見る

そして各コースには難易度(rating)が書いてあり、ルビコン・トレイルは最も難しい「レベル10」になっています。写真や動画を見てみると、岩石が行く手を阻んでいたり、転げ落ちそうな斜度の道(これが道!?)で、普通なら車で通り抜けられるとは到底思えないです。



ジープといえば軍隊で使われる無骨であまり器用でなさそうなイメージを持っていましたが、こんなトレイルを踏破できる性能を備えているんだ!と驚かされます。

十数年前に、ディーラーに勤めていた知人が、招待でこの「ルビコン・トレイル」のツアーに参加しています。コースはスリリングで、途中の昼食はヘリが運んできたりして景色ともに最高だった!!とのこと。

四駆乗りの聖地とまで言われている「ルビコン・トレイル」に、チャレンジしてみたいですね。

すぐ横にあるタホ湖は全米屈指のリゾート地で、南端にあるサウス・レイク・タホ(のネバダ州側)では、ホテルでカジノも楽しめるのでお薦めです。

まずは「ジープ・エクスペリエンス・キャラバン」でイメージ・トレーニングかな。
ポルシェ・ジャパンで、ポルシェの車両を3日間モニターとして試乗できるキャンペーンの受付が始まっています。抽選で100名の方が、その権利を手に出来るとのこと。

■ ポルシェ 3-Day サマーモニターキャンペーン
http://www.porsche.com/japan/jp/event/monitor2010/

選外でも、ポルシェのグッズが当たったり、応募者全員にパソコンのデスクトップで使えるポルシェのオリジナル・アプリ(時計)がもらえるそうです。

応募期間は、6月16日(水)まで。
6月11日から公開される映画「アイアンマン 2」で主人公が乗る車は、これから発売が予定されているアウディの「R8 スパイダー」というオープンカーだそうです。

■ 映画「アイアンマン 2」オフィシャルサイト
http://www.ironman2.jp/

■ アウディ Japan - R8 Spyder
http://www.audi.co.jp/jp/brand/ja/models/r8/r8_spyder.html

全米で流れている、この車のテレビCMがこちら。

主人公はロサンゼルス郊外のマリブに住んでいるという設定になっていて、CMの最後の方で出てくる海岸沿いの道は、マリブを通る1号線(Pacific Coast Hwy:パシフィック・コースト・ハイウェイ)です。

そして最後にチラっと映るシーンは、ここですね!

大きな地図で見る
昨日、中央自動車道を走っていると積載車に載っている変わったデザインの車に目が行きました。

あれは今月25日にホンダが正式に発表をする新型ハイブリッド車「CR-Z」ですね。

■ HONDA | CR-Z
http://www.honda.co.jp/CR-Z/

3ドア・ハッチバックでカラーリングも良く、若者に人気の車になると思います。


帰り道、中央道(上り線)小仏トンネル手前で渋滞があり、なんだか変な車線変更をさせられるな…、道の工事でもしてるのかな?と思ったら、渋滞を減らすための実験を行っていました。

今まで「2車線+登坂車線」として使っていた所を「3車線」の区間としてみたら渋滞が減るのでは?という実験で、2011年の3月下旬まで行われるとのこと。

■ NEXCO中日本 - 中央自動車道(上り線)小仏トンネル手前で渋滞削減実験
http://www.c-nexco.co.jp/info/traffic/traffic_display.php?id=1609



でも走ってみると判りますが、これにより渋滞がひどくなっていると思います。

一番右の追い越し車線を走っていると思ったら更に右に車線が現れて、皆、行って良いものなのかどうか…と迷っているようでした。

また左の遅い車線を走っている人にとっては、坂の途中で車線が無くなるから右に車線変更を行わなければならず、ここでスピードが落ちてボトルネックとなっていました。

この実験が無ければ、昨日のあの時間帯・あの場所で、渋滞は発生していなかったでしょう。

この変則的な車線についての解りやすい標識を、かなり手前に設置して実験を継続するか、でなければ早く中止した方が良いかもしれません。
レクサス初のオープンカーである「SC430」が、7月で生産終了となるそうです。

このモデルは、トヨタの4代目「ソアラ」として販売されていた物が、レクサス・ブランドのスタートと同時に、マイナーチェンジが施されてレクサス「SC430」として販売されるようになりました。

トヨタ時代にはよく街で見かけることがありましたが、SC430になり、特に最近はめっきりと姿を見ることが無くなった感じです。

ブランドの変更に伴い価格が100万円近く上がってしまったのが、販売台数の減少→生産終了の一因でもあるのかなと思います。

そういえば、日本ではまだレクサスが始まっていない時期に、映画「ターミネーター3」でレクサス「SC430」が出てきましたね。

何度か運転をしたことがありますが、とても良い車なので生産終了はチョット残念です。

最後に、3月1日から200台の特別仕様車が発売される予定です。

■ レクサス - SC
http://lexus.jp/variation/sc/
1  2  3

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.25