今日から10日間、
春の全国交通安全運動が始まりました。


『新入学児童等に対する交通ルールの理解と交通マナーの習慣付けが重要課題となるとともに、本格的な高齢社会への移行に伴う高齢者の交通事故情勢に的確に対処するため、「子どもと高齢者の交通事故防止」を運動の基本とする』ほか、下記の3点が重点項目となっています。

(1) 全ての座席のシートベルトとチャイルドシートの正しい着用の徹底

(2) 自転車の安全利用の推進

(3) 飲酒運転の根絶


■ 平成22年春の全国交通安全運動推進要綱
http://www8.cao.go.jp/koutu/keihatsu/undou/h22_haru/yoko.html
2008年8月18日の日記で書いた八王子市にあるトヨタの東京デザイン研究所が、4月3日(午前10時から午後4時まで)にお花見で一般開放されていたので、足を運んでみました。

守衛さんがいる入り口を車で通り抜けると、建物まで見事な桜並木が続いています。

そして駐車場に車を停めて建物に入ると、すぐ正面に、ここでデザインされた一人乗り用の「i-unit」と「i-REAL」が置かれていました。


ずっと昔にこの研究所のすぐ裏手に住んでいたことがあるので、本当にこんな所でこんな物が作られてたんだ…とちょっと不思議な感じがしました。

建物の奥に歩いていくとシアターがあり、トヨタに関する20分くらいの映像を上映していました。 上映終了後、3つの巨大スクリーンになっていた壁が右手にスライドして収納され、ガラスの向こうに中庭が現れます。そして、そこには灰色の二つのサークルが描かれていました。


大きな地図で見る


私が見たのは、この右側の二つです。
隣の建物にもう二つあるんですね!!

きっと研究所で作った車両をトヨタの上層部などに見せるのに、まずは巨大スクリーンでプレゼンをして、次に壁をガーッと開けると目の前に実車が自然光の下に現れる…という感じで使用しているのでしょうね。

残念ながら、この場所は撮影禁止でした。


建物の外にはベンチや空き地があって、
レジャーシートを敷いてお花見をしている方達もいました。

普段は立入禁止になっている場所でのお花見は、
特別な感じがあって良かったです。
高速道路の無料化に向けた実験として、6月から上限料金制度を始めるそうです。

現在ETC搭載車に対して行われている高速道路の「週末上限1,000円」や「深夜割引」などを全て廃止して、6月1日からはETCの有無に係わらず、上限金額(軽自動車1,000円、乗用車2,000円、トラック5,000円の予定)で首都高速と阪神高速を除いて終日乗り放題にするとのこと。

ETC割引の全廃にあわせ、なんと通行料金に対してポイントを付与していたETCマイレージサービスも中止となります。

■ ETCマイレージサービス
http://www.smile-etc.jp/

これでETC付きのメリットは料金所で停まらずに通過できることのみとなるので、ETC車載器の在庫処分のためか業者さんから投げ売り情報が入ってきてます…。

エコという観点からETCをより普及させるためにも、ETC搭載車への特別割引やETCマイレージサービスは継続すべきだと思います。
昨年4月1日から、環境性能に優れた自動車に対して自動車重量税が減免されています。
これに加え、平成22年度の税制改革に伴って、今日から自動車重量税の税率が変わりました。

初年度登録から18年経っている車は今までと同じ金額ですが、その他はかなり安くなります。

ちょっと解りにくいかもしれませんが、
詳しくは下記のサイトをご参照ください。

■ 自動車重量税の税率の変更について - 国土交通省
http://www.mlit.go.jp/jidosha/jidosha_fr1_000011.html
キーの閉じ込みやバッテリーあがり、交通事故などでJAFのロードサービスを利用する際に、現在位置を伝えるのに何と言えば良いのか戸惑うことがあります。

近くの電柱に書いてある住所を言うと話が早いのですが、GPS機能付きの携帯電話で位置情報をJAFに伝えることが出来るようになって大変便利になりました

JAF会員で(会員以外は使えません)GPS機能付きの携帯電話をお持ちの方は、下記URLを登録しておいて、いざという時にご利用ください。

■ JAF GPS 位置情報通知システム
http://jaf8139.cc/gps/


JAFへのオンライン入会は、↓ こちらから!!
<<前の5件 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.25