地元の法人会が主催する「世界と日本の石油需要と価格動向」という研修会に出席しました。

石油価格はどのようにして決まるのか?
最近の価格変動は何が要因となっているのか?
そして、今後の見通しは?
などなど・・・

車業界には密接した内容です。

講師は「財団法人日本エネルギー経済研究所 石油情報センター」の方で、全国どこでも無料で出向いて、業界団体や事業者に向けて石油事情に関する講習会を行っているそうです。

■ 財団法人日本エネルギー経済研究所 石油情報センター
http://oil-info.ieej.or.jp/

約1時間半の講習なので、概要に触れる程度の解説でしたが、とても解りやすかったです。

配られた「OIL NOW 2009」という資料に加え、ハイブリッドや電気、水素を使う次世代自動車、そしてバイオ燃料の動向についての説明もありました。

■ OIL NOW 2009 (PDF)
http://oil-info.ieej.or.jp/data/oilnow2009.pdf


ところで、日本は1日にどれくらいガソリンを消費しているのでしょうか?

答えは「505万バレル」だそうです。
でも、「1バレルは約159リットル」と聞いてもピンときません。
そこで東京ドームで例えると、これは「ドームの約6割を満たす量」だそうです。
そして国民一人当りにして例えると、「1日で約6リットルを消費していることになる」のだとか。

そんなに!と驚いたら、「少し前までは7リットルでした」とのことで更にビックリ。

温暖化にならない方がおかしいです。


温暖化対策として、プリウス等のハイブリッド車については高く評価していました。

ちなみに、2020年までに温室効果ガスの排出量を1990年比25%削減するという鳩山首相の宣言を達成するには、9割の車をハイブリッド車にしなければならないとの計算結果が出ているそうです。

人間は余程採取しにくくなるまで石油を掘って使い続けるのでしょう。
また皆が車を手放すことは、もはや非現実的です。

なので結果としていつか石油を使い尽くしてしまうにしても、短期に大量消費をしてこれ以上環境に及ぼすインパクトが大きくなってしまうことがないように、次世代自動車にどんどんシフトをしていくべきなのだと思います。
今日は空気が澄み切った秋晴れで、八王子からも真っ白に雪化粧をした富士山がハッキリと見えました。

そんな富士山を正面に眺めながら、本物のサーキット・コースをライセンスも無しにマイカーで手軽に体験走行できるのを知りました。

場所は「富士スピードウェイ」で、料金は体験走行2,000円、入場料(18歳以上)1,000円。
レースカーの先導で、1周4.5km(世界一長い直線が1.5km!)のコースを3週するそうです。
体験走行なので追い越し厳禁だそうですが、とても楽しそうですね。
本物のレースを見る目が変わるかもしれません。


大きな地図で見る

■ 富士スピードウェイの体験走行
http://www.fsw.tv/1ch/1_1calendar/experience.html


あとは「ツインリンクもてぎ」や、

大きな地図で見る

■ ツインリンクもてぎの体験走行
http://www.twinring.jp/fee_m/amuse.html


「筑波サーキット」でもやっています。

大きな地図で見る

■ 筑波サーキット
http://www.jasc.or.jp/


この他のサーキット場でも体験走行をやっているみたいですね。
昨日、東京モーターショーに行ってきました。

http://www.tokyo-motorshow.com/

今回は海外メーカーの出展がほぼゼロで、出展スペースは従来の半減。
これは入場者も半減だろうと思いましたが、あれでは半減どころではないですね・・・。

敷居が高い外車ディーラーや、普段なかなか目にすることができないスーパーカーを一同に見れるのが、これまでの多くの入場者の楽しみだったと思います。

それが無くなってしまっては、あの状況も致し方ないです。

それにしても開催初日の土曜日で、あの入りでは戦慄ものです。


今回は、先日レクサスが世界で500台だけ生産販売すると発表した「LFA」を見れるのが唯一の楽しみでした。

日本の販売台数は165台、予価はナント3750万円のスーパーカーです。



http://lexus.jp/models/lfa/index.html

展示台数が少なくても、注目の車の周りにはそれなりに人垣ができているのかな?見て廻るのに2時間くらい掛かるかな?と考えていましたが、空いてて1時間も掛からずに見終わってしまいました。

あ、あそこに人込みが・・・と近寄ってみると、高価なカメラでコンパニオンを熱心に写している一群で、車を見に来たわけではなさそうです。


LFAを見ることの他には、車業界がハイブリッドやEVに転向している現状を感じておこうというのが、足を運んだ目的でした。

現在の車は成熟していて、どれも簡単には壊れたりせず、機能や性能、デザインは似通っていて面白みがありません。

それがEVの時代になれば、デザインの自由度が増し、年々バッテリーなどの性能があがり、かつてのように買い換えるたびに快適性が増すようになって、車への興味が戻ってくるのかもしれないという光明が見い出せます。また、新興企業の台頭にも興味が湧きます。

ところが今回のモーターショーでは、各社とも持ち前のエコ技術の展示を行っているのですが、展示する側にも見る側にも、あまり熱気を感じられません。エンジン車を「肉食系」とすると、ハイブリッドやEV関連は「草食系」だからでしょうか?

エコカー全盛の時代に突入しても、東京モーターショーがかつての賑わいを取り戻す日が来ることは無いのかもしれません。
損保ジャパンが運営するお客さま向けのインターネット専用ページ「カスタマーオンライン」が、本日から「マイページ」と名前が変わり、内容がリニューアルされました。

■ 損保ジャパン − マイページ
http://www.sompo-japan.co.jp/mypage/

損保ジャパンの保険にご加入いただいているお客さまにマイページのご登録を行っていただくと専用のページが開設され、いつでもご契約内容を参照したり、住所変更等の手続きを行うことが可能になります。

また万が一、事故に遭われた場合は、マイページで事故対応状況もご確認いただけます。

そして来年2月には自動車保険のご継続手続きが、7月からは車両入替などの契約変更手続きまでもがマイページを通じて完結できるようになります。

その他、ホテル、ゴルフ場、遊園地などで様々な割引を受けられる「Step倶楽部」をご利用いただけます。

■ Step倶楽部
https://www.welbox.com/stepclub/main.htm


マイページのリニューアル・スタートに合わせ、年内にご登録いただいた方の中から抽選で「42型液晶テレビ」などが当たるキャンペーンが今日から始まりました。

■ マイページ登録キャンペーン
http://www.sompo-japan.co.jp/mypage/campaign/

損保ジャパンの保険に加入されていない方もマイページに登録をしてキャンペーンにご参加いただけますので、これを機に是非ご利用ください。(※ご利用いただけるマイページの機能は限定されます)
長野陸運事務所お客様のご依頼を受けて、業者オークションでホンダ「フィット」を落札。

そして今回は、そのお車を長野の陸運事務所に持込んで名義変更をしてから納車しました。

その前に、ちょっとしたトラブルが…。

オークション会場から陸送で落札車両が当社に届けられた際、担当ドライバーが「40km位で走ると、タイヤの辺りから少し音がします。エンジンではないですね。」と教えてくれました。

チェックをしてみると、リアハブベアリングの不良によるもので、リコール対象となっていたのでディーラーに持込み交換を依頼。パーツを取り寄せて、二日後に直って戻ってきました。

ETCが付いている車両だったので、平日深夜割引(半額)になる早朝4時までに高速道路に乗り、関越から上越自動車道経由で長野を目指します。
そして支障なく長野ナンバーに名変完了。

帰りは長野自動車道から中央自動車道経由で八王子に戻りました。

帰途、諏訪湖サービスエリアで休憩。
諏訪湖サービスエリアからの眺望 諏訪湖が見渡せる眺望がすばらしく、あとはお蕎麦が美味しかったです。
ここでお土産にお蕎麦をいくつか購入。

諏訪湖サービスエリアの温泉このサービスエリアには、なんと温泉があります。残念ながら今回はのんびり浸かっている暇がなく、入浴を断念しました。

また「ダチョウの串焼き400円」というのがあって、「全国のサービスエリアでここだけ」と書かれていたので買ってみました。

脂肪分が少なくてヘルシーとよく言われるダチョウの焼き鳥は、ハツのような食感でした。
<<前の5件 3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.25